読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ周りでこの一年間ほどで買い替えたもの

PlayStation 3PlayStation 4 Proに買い替え

 DVD / Blu-ray Discの再生、AmazonプライムビデオやNetflix系のVOD再生、ゲームコンソールの集約を目的に、PlayStation 4 Proがリリースされたのを機に買い替えた。

 サイズ的にPlayStation 3をそのまま入れ替えとはいかなかったので、縦置きスタンドを購入してテレビ裏に置くなどの調整を要した。

 スペック不足を感じることが多くなっていたPlayStation 3から代えて、スリープの利用で起動も高速、海外版も国内版もBlu-ray Discをちゃんと再生できるし、VODの再生も快適になった。

 とりあえず何かしらプレイしているゲームがある期間中はPlayStation Plusに加入した方が利便性が高い。将来的にはNintendo Switchでも有料オンラインサービスが開始されるけれど、PlayStation Plusはひと月単位から購入できるので、必要に応じて使い分けていこうかと。

 折角PlayStation 4 Proを導入したので、4KでHDRなテレビにも興味が出てきた。どうせ4Kのアンテナ環境を導入する目処もないし、テレビチューナーはあってもなくてもいいので、チューナーなしの4Kモニターも気になるところではあるけれど、ゲームで使うことや映像の画質を考えるとREGZABRAVIA等の4KHDRテレビを選んだ方が無難だろうと思う。とはいえ、値段的にまだおいそれと購入に踏み切れない。当面はNintendo Switchをメインで使う予定なので、数年は先送りかな。

 昨年の時点ではテレビ代わりに使うことも視野に入れてPlayStation VRを予約しようと頑張ったのだけど結局予約できず、その後Nintendo Switchが発表されたこともあって先送りにしていたら、自分の中の熱が消えてしまった。現状ではケーブルのごちゃ付きとか、HDRパススルー問題とか、一向にVRのメジャーコンテンツが出てこないこととか、そういう諸々が目に付くようになってしまったので、何かしらブレイクスルーがあるまでは先送りかなあ。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

”PlayStation 4”専用縦置きスタンド(CUH-ZST2J)

”PlayStation 4”専用縦置きスタンド(CUH-ZST2J)

nasneを購入

 PCで絵を描いているときにテレビを見たかったのだけれども、部屋の位置的にPCとテレビが離れた位置にあって、近づけるのも中々難しかった。24インチくらいのテレビも検討したけれど、フルHD以下の解像度のテレビしか見当たらなかったので、それだったらとnasneを購入して、PCモニターの横にiPad Proを置いて視聴することにした。

 あと、自分が使っているテレビはREGZA 37Z3なのだけれど、外付けHDDに録画した番組の取り回しが良くなくて、将来的に新しいREGZAに買い替えたとしても、今まで使っていた外付けHDDを差し替えてそのまま過去の番組を視聴するということが基本的にはできないので(厳密には方法がないわけではないらしいのだけれども、そこまで手間やコストをかけるのは二の足を踏むので)、その辺nasneにしておけば将来的な可用性が高いかなと。

 一応、MacやPC上からnasneを視聴できるソフトの体験版も試してみたけれど、自分の使っているMacBook Pro Late 2013では番組を視聴していると本体が熱くなってファンが高速回転してしまうし、PCの方は個人的にソフトのUIがしっくりこなかったことと、作業をしているPC上で動かして更に負担をかけるのもどうかと思ったのでやめておいた。iPad Proから専用アプリのtorneを利用した方が直感的なので、普段の視聴はこれだけでいいかなと。大画面で視聴したいときはPS4版のtorneから視聴すればいいし。

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)【メーカー生産終了】

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)【メーカー生産終了】

Wii UNintendo Switchに買い替え

 ほぼスプラトゥーン専用機となっていたWii Uを、スプラトゥーン2用にNintendo Switchに買い替えた。

 余談だけど、今回はヨドバシで予約するつもりが予約開始当日はヨドバシやオムニ7のサイトはまともに動かなくて、結局、唯一普段通りに動作したAmazonで予約した。

 当初は無線LAN接続で問題ないと思っていたのだけれども、スプラトゥーン2先行試射会で初回はつながっていたのにその後の回で何度試してもつながらなくなってしまい、おかしいと思って接続テストを行ったところインターネットに接続できない状態になっていて、本体を再起動したらつながるようになったことがあった。他の無線LAN機器では何も問題は発生しておらず、Nintendo Switch上の無線アンテナ表示は問題ないように見えたので、中々気が付くことができなかった。ネットでNintendo Switchの無線周りが不安定なのではという話も見かけたので、念のためにWii Uで使っていた有線LANアダプターでつなぐことにした。

 しかし、その後もスリープで放置しているといつの間にかインターネットにつながらない状態になってしまい、再起動が必要になった。幸いNintendo Switchは再起動が早いので、当面は症状が出たら再起動して、将来的にアップデートでの改善に期待することにした。

 充電しながらプレイしたり、ガッツリとスプラトゥーン2をプレイするならこちらかなと、プロコンも併せて購入。USB Type-Cなので差し込みの向きは関係ないはずなのだけど、うちのプロコンは特定の向きで差し込まないと充電されないように見える。

 とりあえず、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドガノンを倒して、祠120個全攻略した。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

Wii専用 LANアダプタ

Wii専用 LANアダプタ

広告を非表示にする

Synology DiskStation DS216jを導入した

 以前、Raspberry PiNASもどきを作ったことがあったけれど、やはり実用的ではなかったので、ちゃんとしたNASを導入したいとずっと考えていた。費用的に延ばし延ばしとなっていたけれど、今回、手元にあったHDDを整理して空きを作り、HDDを追加購入せずNASを組み上げる目途が立ったので、ようやくSynology DiskStation DS216jを導入することにした。

 HDDは別機器に繋いでいたHGSTとWD Redの2TBを組み込んだ。HDDの整理中、以前PCの内蔵HDDとして利用していたHDDで、ディスクの管理からEFIシステムパーティションや回復パーティションを削除できず手間取ってしまった。こちらの情報を参考にしてコマンドプロンプトから該当のHDDに対して、diskpartコマンドでcleanを実施する必要があった。

 以下、自分の初期設定。

  • HDDを組み込んでケーブルを繋いだDS216jを起動
  • Fingでスキャン → 新しい機器が現れる
  • ブラウザからFingで確認したIPアドレス:5000にアクセス
  • DiskStation Manger(DSM)をインストール
  • 管理者アカウントを作成
    • DiskStationのネットワークでの位置をSynologyと共有する ← ここのチェックを外す
  • DSMアップデートとメンテナンス
    • 自動的にインストール
    • S.M.A.R.T.テストを実行する
  • QuickConnectの設定 → この手順をスキップする
    • デフォルトでSSLVPNになっているわけでは無いみたいだし、通信を覗き見られる可能性が高いと判断。
    • 適切に安全を確保するのは敷居が高いので、外からは繋がない。NASなのだから、LAN内から利用できればいい。
    • この手のサービスを利用することで、サービスを提供しているメーカー自体に覗き見られていないとも限らない。
  • Synology推奨パッケージのインストール → この手順をスキップする
    • 無償で追加できるウィルス対策パッケージ等もスペック不足でうまく動かないらしいし、この程度のスペックのマシンにファイルサーバ以上のことを求めてもしょうがない。
    • ファイルを置く以上のことはPC側で管理する。
  • 設定完了のメッセージ
    • Synologyに匿名の統計情報を送る ← ここのチェックを外す
  • ログイン毎に自動的に DSM ヘルプを起動しないにチェック
  • コントロールパネルを開く
    • DSM更新 → 今すぐアップデートする
  • 再起動後、再度ログインしコントロールパネルへ
    • 地域のオプション → タイムゾーンをTokyo, Osaka, Sapporoへ変更
    • ハードウェアと電源 → LED 輝度コントロール → 一段階目まで下げる
    • ファイルサービス → Windows ファイルサーバー → SMB3を有効にする
  • File Station を起動
    • まだ共有フォルダが存在しないので、新規共有フォルダの作成が立ち上がる
    • 新たに作成した共有フォルダの権限は、登録ユーザのみ読込み/書込み、guestアカウントはアクセスなしにした
  • USB3.0でGW3.5AA-SUP3/MBを接続して、File Stationでデータをコピー

 Windowsからの接続は当然問題なし。定番のネットワークドライブとして利用。

 Macからの接続はEl CapitanからのSMB接続で、濁点・半濁点のあるフォルダが開けない - Qiitaという問題があって、実際にSMBで繋ぐと中身が見えずAFPで繋ぐと中身が見えるフォルダが存在した。MacからはAFPで繋いだ方が無難ぽい。Time Machineの設定はしない。以前、AirMac Extremeに繋いだHDDでTime Machineをしようとして酷いことになった。今まで通り直接外付けHDDへバックアップする。

 iPadからは、FileExplorerとComicGlassを利用して接続。問題なくNAS上のファイルやPDFをストリーミングで閲覧できた。

 データを移すためDS216jに外付けしたHDDはPCに繋ぎ戻して、そのまま多重バックアップとして利用する。RAID1状態になっているとはいえ、DS216j本体が故障したり、DSMのアップデートに失敗してシステムが吹き飛んだりする可能性はある。正直、手元に置いているデータなんてそこまでクリティカルなものではないのだけど、結構な手間とコストをかけて自炊したPDFデータとか、消えたりしたらそれなりに痛いだろうし。

広告を非表示にする

iPad mini 3からiPad Pro 9.7インチに持ち替えた

 昨年は迷っているうちにiPad Air 2を買うタイミングを逃してしまったので、iPad Pro 9.7インチを購入した。結論としては、iPad mini 4の正規品か、iPad Air 2の整備済製品を買った方が正解だったと思う。

 自分は絵を描く人間だけれど、Apple Pencilを使っても画面への直描きは厳しい。単なるコンテンツビューアーとして使うのなら、2GBのメモリを積み、軽量で、安価なモデルで十分だったと思う。

 画面が大きくなっても見切れるWebページは見切れるし、CPU性能やメモリ容量が向上してもスクロールの毎に画面の再描画が行われるWebページは再描画される。iPad本体のディスク容量を必要としないので常に最安モデルしか購入していない自分にとっては、iPad Proを選ぶメリットは薄かったかもしれない。

広告を非表示にする